保険に入っていない相手との事故の際に役立つ無保険車傷害保険

無保険車傷害保険というのは、自動車事故で死亡または後遺障害という被害をこうむった場合であって、相手から十分な補償を受けられないときに、たいへん役立つ自動車保険です。
具体的に想定されるケースとして、例えば、相手が自賠責保険にまったく加入していなかったり、その他任意の自動車保険の対人賠償保険に加入していなかったといった場合があります。
ほかにも、対人賠償保険には加入していたものの、年齢特約などの兼ね合いから保険金が支払われない場合や、保険金額が低すぎてとうてい賠償額を満たすことができないといった場合もあります。
さらに、ひき逃げ事故などで相手の特定が難しく、相手の保険会社からの保険金が請求できないといった場合も含まれます。
以上のような場合には、原則として対人賠償保険の保険金額と同等の金額の保険金が支払われ、対人無制限の契約であれば、2億円が上限となります。
この保険は対人賠償保険に加入すると、自動的にセットで付帯され、別途加入を申し込む必要がないというのが一般的です。
ただし、この保険はあくまでも死亡または後遺障害の場合に適用が限られているので、さらに補償内容を充実させたければ、人身傷害保険などの別の保険への加入を検討する必要があります。

テクスチャー14 テクスチャー15