相手の保険では損害賠償額に足りない場合の不足分も補償範囲内!

無保険車傷害保険というのは、自動車事故で後遺障害または死亡という深刻な被害を受けてしまった場合について、加害者である相手が自動保険に加入していないなどの理由で充分な保険金が得られないときに、その不足分を補てんしてもらえる自動車保険のことをいいます。
無保険車という名称ではありますが、相手がまったく自動車保険に加入していなかったという場合のほか、任意の自動車保険には加入していたものの年齢特約などに引っかかって保険金の支払いがストップしてしまった場合、自賠責保険にだけは加入していたものの損害賠償額には不足していた場合などについても、しっかりと補償範囲内に含まれているため、いざというときにはかなり大きなメリットが受けられます。
もしこれらの無保険車と事故を起こしてしまった場合、無保険車傷害保険がなければ、相手が補償に応じられる範囲内の金銭しか受け取ることができないといったケースが想定されます。
例えば、自賠責保険だけは加入していたという場合であっても、完治するような単なるケガであればわずかに120万円、常時の他人による介護が必要な最重度の後遺障害が残ってしまった場合でも4,000万円というのが限度額になりますので、到底充分とはいえないというのが実態です。