当て逃げなどで、相手がわからない場合にも補償される

無保険車傷害保険は、自動車事故で死亡または後遺障害という被害を負ってしまい、かつ、加害者である相手から補償が十分に受けられないときに、相手にかわって保険金を支払ってもらえるという自動車保険です。
無保険車という用語からは、相手が強制保険であるはずの自賠責保険に加入していないか、または任意の自動車保険の対人賠償保険に加入していない場合がイメージされますが、これらも当然のこととして補償の対象とはなるものの、ほかにもさまざまな場合が該当します。
相手が対人賠償保険に加入しているものの、設定している保険金額が低すぎるために実際の損害賠償額を満たせない場合や、運転者特約や年齢特約の縛りのために、相手の保険会社から保険金が支払われない場合などがその一例です。
さらに、当て逃げ事故で相手が現場から逃げてしまい、身元不明である場合のように、保険金の請求先が特定できない場合にも、この保険を使うことができます。
この保険は対人賠償保険に自動付帯されるというのが一般的なため、受け取る保険金の金額についても、対人賠償保険に準じた金額となっていますが、対人賠償金額が無制限である場合に限っては、2億円が上限となっています。