賠償義務者が家族のとき

無保険車傷害保険は、事故の相手方となった自動車が自賠責保険などに加入しておらず、十分に損害賠償責任を果たせないというケースで、事故にともない死亡または後遺障害を負ってしまったときに、所定の保険金が支払われるというものです。
通常は契約している自動車保険の対人賠償保険と同じ保険金額が適用され、その金額を限度として保険金が下りることになっていますが、対人無制限として保険金額を設定した場合については、2億円が上限となります。
この無保険車傷害保険の被保険者としては、保険証券に名前がある記名被保険者、その配偶者、同居している親族、別居の未婚の子供といった身内にあたる人たちと、その他契約中の自動車に搭乗中の人が該当しています。
この身内にあたる人については、契約中の自動車に搭乗中の事故のほかにも、他の自動車に搭乗中の事故、歩行中の事故といった、幅広い範囲について、特別な補償が及んでおり、他の搭乗中の人とは一線を画しています。
そこで、もし事故により賠償義務を負う人が家族同士であった場合は、加害者も被害者も保険契約上は同じグループに含まれてしまうことになり、不具合が生じてしまうため、このような場合については、例外的に無保険車傷害保険の保険金が下りないものとして、あらかじめ保険約款のなかに書かれています。