未分類

無保険車傷害保険は、事故の相手方となった自動車が自賠責保険などに加入しておらず、十分に損害賠償責任を果たせないというケースで、事故にともない死亡または後遺障害を負ってしまったときに、所定の保険金が支払われるというものです。
通常は契約している自動車保険の対人賠償保険と同じ保険金額が適用され、その金額を限度として保険金が下りることになっていますが、対人無制限として保険金額を設定した場合については、2億円が上限となります。
この無保険車傷害保険の被保険者としては、保険証券に名前がある記名被保険者、その配偶者、同居している親族、別居の未婚の子供といった身内にあたる人たちと、その他契約中の自動車に搭乗中の人が該当しています。
この身内にあたる人については、契約中の自動車に搭乗中の事故のほかにも、他の自動車に搭乗中の事故、歩行中の事故といった、幅広い範囲について、特別な補償が及んでおり、他の搭乗中の人とは一線を画しています。
そこで、もし事故により賠償義務を負う人が家族同士であった場合は、加害者も被害者も保険契約上は同じグループに含まれてしまうことになり、不具合が生じてしまうため、このような場合については、例外的に無保険車傷害保険の保険金が下りないものとして、あらかじめ保険約款のなかに書かれています。

無保険車傷害保険というのは、自賠責保険や対人賠償保険に加入していないような自動車との事故において、死亡したりケガを負ったりして、十分な損害賠償が受けられなくなってしまった場合に、本来であれば相手が支払うはずの損害賠償の不足分を補償してもらえるという内容の自動車保険です。
保険金額は対人賠償保険と同額になっていますので、こうした緊急事態でもそれなりの金額の保険金を得ることができるようになっています。
ただし、死亡の場合については、対人賠償額を無制限として設定していた場合であっても、保険金として支払われる限度額は2億円までとなります。
この無保険車傷害保険については、以上のような条件にあてはまっていたとしても、保険金が支払われない場合もまれに存在しており、これらは保険約款のなかであらかじめ決められています。
例えば、被保険者自身の故意、または重大な過失があった場合や、無免許運転、飲酒運転、麻薬を吸引してからの運転などの場合があてはまります。
こうした場合に本人に損害が生じてしまったとしても、それはむしろ自業自得の結果であり、このような場合にまで保険金を支払ってしまうと、他の優良な保険加入者との公平性を確保できなくなるため、こうした決まりが設けられているのです。

無保険車傷害保険というのは、自賠責保険や対人賠償保険に加入していないような自動車との事故によって、死亡またはケガといった被害を受けてしまった場合に、相手の損害賠償金の不足分について、保険金が支払われるという自動車保険です。
相手がもし自賠責保険や対人賠償保険に加入していたとしても、法律上の損害賠償責任から見て、金額が不足するようであれば、もちろんこの保険による支払いの対象となります。
支払われる金額は、原則として契約者側の対人賠償保険の場合と同額ですが、対人無制限となっている場合については、上限としては2億円という金額が定められています。
ただし、すべての場合について支払われるというのではなく、約款上支払われないこととされている場合というのもあります。
例えば、運転者の故意または重大な過失などによって、その本人に生じた被害については、他の条件を満たしていたとしても、支払いの対象外です。
これに類するものとして、無免許運転、酒気帯び運転、危険ドラッグなどの薬物を摂取しての運転、本人が引き起こしたケンカや犯罪行為にともなう事故などがあります。
いずれも本人の自業自得の結果ですので、自動車保険で支払いに応じてしまっては、ほかの加入者との間の信義に反することになってしまうためです。

自動車保険の見積もりを見ると、希望してつけたわけではなのに自動的についてくる保険や特約があります。無保険者傷害保険がその一つです。対人賠償保険に付帯してくる保険ですが、どのような時に保険金が支払われる種類のものなのか、逆に支払われないのはどのような場合なのかを整理しておきましょう。
公道を走る車はみんな任意の自動車保険に加入していると思いがちですが、現実は必ずしもそうではありません。ある調査によると全体の1割強の車が未加入で、事故を起こした相手が未加入である確率は意外に高い可能性があります。このような相手との事故の場合、相手の自賠責保険では賠償しきれないことが多く、その不足分を無保険者傷害保険が補ってくれるというわけです。ひきにげのような、相手が特定できない場合にも適応されます。ただし、ここで注意したいのは、対象となるのは死亡したり後遺症を負った場合のみで、完治するケガに対しては適応されません。通院しないといけないようなケガを負わされても、自賠責だと120万円しか支払われず満足いく額にはなりません。休業補償もこの保険にはないので、人身傷害保険などとの併用も一つの方法です。
今一度加入している保険を見直し、必要な保険を整理しておきたいですね。

任意保険に自動的についている保険の中でも目に付かない保険に無保険車傷害保険があります。この保険は名前のとおり、事故が起こったときに、相手の車が無保険車で賠償できないときに利用できる保険です。つまりこれがあれば、相手が無保険であってもあわてることなく安心していられることになります。そう考えると非常に重要な保険のように思いますが、実は利用できる条件があります。まず対人賠償のみで、しかも死亡や後遺症障害にしか使えないのです。つまり死亡事故や後遺症が残るような事故があり、賠償すべき加害者の車が、無保険車である場合にのみ利用することが出来るのです。また無保険車とは任意の対人賠償保険に入っていない場合や、条件外で利用できない場合、賠償額を待たすことが出来なくて保険の支払いが足りないときなどです。つまり治る怪我や物損の賠償には使えないのです。任意のほかに自賠責保険がありますので任意に入っていなくてもある程度は賠償されるものなのであまり目立たないものといえるでしょう。怪我や休業補償のためには搭乗者傷害保険や人身傷害保険などに入っておく必要がある。また物損には車両保険に入っておく必要があることになります。

無保険車傷害保険は、自動車事故で死亡または後遺障害という被害を負ってしまい、かつ、加害者である相手から補償が十分に受けられないときに、相手にかわって保険金を支払ってもらえるという自動車保険です。
無保険車という用語からは、相手が強制保険であるはずの自賠責保険に加入していないか、または任意の自動車保険の対人賠償保険に加入していない場合がイメージされますが、これらも当然のこととして補償の対象とはなるものの、ほかにもさまざまな場合が該当します。
相手が対人賠償保険に加入しているものの、設定している保険金額が低すぎるために実際の損害賠償額を満たせない場合や、運転者特約や年齢特約の縛りのために、相手の保険会社から保険金が支払われない場合などがその一例です。
さらに、当て逃げ事故で相手が現場から逃げてしまい、身元不明である場合のように、保険金の請求先が特定できない場合にも、この保険を使うことができます。
この保険は対人賠償保険に自動付帯されるというのが一般的なため、受け取る保険金の金額についても、対人賠償保険に準じた金額となっていますが、対人賠償金額が無制限である場合に限っては、2億円が上限となっています。

無保険車傷害保険というのは、自動車事故で後遺障害または死亡という深刻な被害を受けてしまった場合について、加害者である相手が自動保険に加入していないなどの理由で充分な保険金が得られないときに、その不足分を補てんしてもらえる自動車保険のことをいいます。
無保険車という名称ではありますが、相手がまったく自動車保険に加入していなかったという場合のほか、任意の自動車保険には加入していたものの年齢特約などに引っかかって保険金の支払いがストップしてしまった場合、自賠責保険にだけは加入していたものの損害賠償額には不足していた場合などについても、しっかりと補償範囲内に含まれているため、いざというときにはかなり大きなメリットが受けられます。
もしこれらの無保険車と事故を起こしてしまった場合、無保険車傷害保険がなければ、相手が補償に応じられる範囲内の金銭しか受け取ることができないといったケースが想定されます。
例えば、自賠責保険だけは加入していたという場合であっても、完治するような単なるケガであればわずかに120万円、常時の他人による介護が必要な最重度の後遺障害が残ってしまった場合でも4,000万円というのが限度額になりますので、到底充分とはいえないというのが実態です。

無保険車傷害保険というのは、自賠責保険や対人賠償保険などへの未加入車との事故によって、契約中の自動車の搭乗者が死傷した場合について、所要の保険金が受け取れるという内容をもった自動車保険です。
事故の損害賠償金というものは、本来であれば加害者である相手が負担すべきものですが、このような事故の場合については、相手にそもそも損害賠償金を負担するだけの経済的な能力がないことになります。
そのままではいかなる金銭も受け取ることがてきないところ、この無保険車傷害保険に加入していれば、契約中の保険会社のほうが加害者の分を立て替えて被保険者に支払ってくれるということになります。
ただし、注意しなければならないのは、この保険はあくまでも死亡や後遺障害といった重大な被害が対象となっているため、単なるケガについては保険金が支払われません。
そのほか、物損事故の場合も同様で、物に対する損害というものは、重大な被害とはいえないため、この保険の支払い対象からは外されています。
こうした場合に備えるには、この無保険車傷害保険とは別に、完治するケガであっても保険金が支払われる人身傷害保険や、車両そのものの損傷に保険金が支払われる車両保険などに加入しておくことが必要となります。

無保険車傷害保険とは、交通事故を起こしたケースで相手方の過失であるのに、相手方が保険に入っていないことで支払能力もなく、自分が後遺症になったり死亡した場合に損害賠償の不足分を補償する保険です。後遺症や死亡したケースにのみに適用され、基本的に完治する怪我の場合には適用されない特徴があります。

無保険車には大きく分けて4つのケースがあります。まず一つ目に事故を起こした相手が任意の対人賠償保険に入っていないケース、二つ目に対人賠償保険に入っているが運転年齢など条件に適合しないため保険金が支払われないケースです。

三つ目にひき逃げや当て逃げに遭遇し加害者を特定できないケース、四つ目に対人賠償保険に入っていても、その保険額が被害者に支払う賠償額に満たないケースです。実際に現状としては、街中で走行している自動車の約15%程度は、任意の自動車保険に入っていない自動車が走行していることもあり、交通事故では運悪く相手方が任意保険に入ってないことも多く見られます。

実際に強制的に入ることとなっている自賠責保険では、死亡の場合は3,000万、怪我の場合は120万、後遺症の場合は4,000万までとなっているので、事情によっては被害者が十分な補償を受けられない可能性もあります。そのため被害者によっては、加害者が任意保険に入っていないことで十分な補償を受けることが出来ない場合に、あらかじめ無保険車傷害保険に加入しておけば、どんな交通事故に遭っても安心して補償を受けられることが最大のメリットとなります。