保険金が支払われないケース

自動車保険の見積もりを見ると、希望してつけたわけではなのに自動的についてくる保険や特約があります。無保険者傷害保険がその一つです。対人賠償保険に付帯してくる保険ですが、どのような時に保険金が支払われる種類のものなのか、逆に支払われないのはどのような場合なのかを整理しておきましょう。
公道を走る車はみんな任意の自動車保険に加入していると思いがちですが、現実は必ずしもそうではありません。ある調査によると全体の1割強の車が未加入で、事故を起こした相手が未加入である確率は意外に高い可能性があります。このような相手との事故の場合、相手の自賠責保険では賠償しきれないことが多く、その不足分を無保険者傷害保険が補ってくれるというわけです。ひきにげのような、相手が特定できない場合にも適応されます。ただし、ここで注意したいのは、対象となるのは死亡したり後遺症を負った場合のみで、完治するケガに対しては適応されません。通院しないといけないようなケガを負わされても、自賠責だと120万円しか支払われず満足いく額にはなりません。休業補償もこの保険にはないので、人身傷害保険などとの併用も一つの方法です。
今一度加入している保険を見直し、必要な保険を整理しておきたいですね。