故意による事故について

無保険車傷害保険というのは、自賠責保険や対人賠償保険に加入していないような自動車との事故によって、死亡またはケガといった被害を受けてしまった場合に、相手の損害賠償金の不足分について、保険金が支払われるという自動車保険です。
相手がもし自賠責保険や対人賠償保険に加入していたとしても、法律上の損害賠償責任から見て、金額が不足するようであれば、もちろんこの保険による支払いの対象となります。
支払われる金額は、原則として契約者側の対人賠償保険の場合と同額ですが、対人無制限となっている場合については、上限としては2億円という金額が定められています。
ただし、すべての場合について支払われるというのではなく、約款上支払われないこととされている場合というのもあります。
例えば、運転者の故意または重大な過失などによって、その本人に生じた被害については、他の条件を満たしていたとしても、支払いの対象外です。
これに類するものとして、無免許運転、酒気帯び運転、危険ドラッグなどの薬物を摂取しての運転、本人が引き起こしたケンカや犯罪行為にともなう事故などがあります。
いずれも本人の自業自得の結果ですので、自動車保険で支払いに応じてしまっては、ほかの加入者との間の信義に反することになってしまうためです。