無保険車傷害保険に加入しておくメリット

無保険車傷害保険とは、交通事故を起こしたケースで相手方の過失であるのに、相手方が保険に入っていないことで支払能力もなく、自分が後遺症になったり死亡した場合に損害賠償の不足分を補償する保険です。後遺症や死亡したケースにのみに適用され、基本的に完治する怪我の場合には適用されない特徴があります。

無保険車には大きく分けて4つのケースがあります。まず一つ目に事故を起こした相手が任意の対人賠償保険に入っていないケース、二つ目に対人賠償保険に入っているが運転年齢など条件に適合しないため保険金が支払われないケースです。

三つ目にひき逃げや当て逃げに遭遇し加害者を特定できないケース、四つ目に対人賠償保険に入っていても、その保険額が被害者に支払う賠償額に満たないケースです。実際に現状としては、街中で走行している自動車の約15%程度は、任意の自動車保険に入っていない自動車が走行していることもあり、交通事故では運悪く相手方が任意保険に入ってないことも多く見られます。

実際に強制的に入ることとなっている自賠責保険では、死亡の場合は3,000万、怪我の場合は120万、後遺症の場合は4,000万までとなっているので、事情によっては被害者が十分な補償を受けられない可能性もあります。そのため被害者によっては、加害者が任意保険に入っていないことで十分な補償を受けることが出来ない場合に、あらかじめ無保険車傷害保険に加入しておけば、どんな交通事故に遭っても安心して補償を受けられることが最大のメリットとなります。