未加入車との事故で搭乗者が死傷した場合

無保険車傷害保険というのは、自賠責保険や対人賠償保険などへの未加入車との事故によって、契約中の自動車の搭乗者が死傷した場合について、所要の保険金が受け取れるという内容をもった自動車保険です。
事故の損害賠償金というものは、本来であれば加害者である相手が負担すべきものですが、このような事故の場合については、相手にそもそも損害賠償金を負担するだけの経済的な能力がないことになります。
そのままではいかなる金銭も受け取ることがてきないところ、この無保険車傷害保険に加入していれば、契約中の保険会社のほうが加害者の分を立て替えて被保険者に支払ってくれるということになります。
ただし、注意しなければならないのは、この保険はあくまでも死亡や後遺障害といった重大な被害が対象となっているため、単なるケガについては保険金が支払われません。
そのほか、物損事故の場合も同様で、物に対する損害というものは、重大な被害とはいえないため、この保険の支払い対象からは外されています。
こうした場合に備えるには、この無保険車傷害保険とは別に、完治するケガであっても保険金が支払われる人身傷害保険や、車両そのものの損傷に保険金が支払われる車両保険などに加入しておくことが必要となります。