正常な運転ができない状態の場合

無保険車傷害保険というのは、自賠責保険や対人賠償保険に加入していないような自動車との事故において、死亡したりケガを負ったりして、十分な損害賠償が受けられなくなってしまった場合に、本来であれば相手が支払うはずの損害賠償の不足分を補償してもらえるという内容の自動車保険です。
保険金額は対人賠償保険と同額になっていますので、こうした緊急事態でもそれなりの金額の保険金を得ることができるようになっています。
ただし、死亡の場合については、対人賠償額を無制限として設定していた場合であっても、保険金として支払われる限度額は2億円までとなります。
この無保険車傷害保険については、以上のような条件にあてはまっていたとしても、保険金が支払われない場合もまれに存在しており、これらは保険約款のなかであらかじめ決められています。
例えば、被保険者自身の故意、または重大な過失があった場合や、無免許運転、飲酒運転、麻薬を吸引してからの運転などの場合があてはまります。
こうした場合に本人に損害が生じてしまったとしても、それはむしろ自業自得の結果であり、このような場合にまで保険金を支払ってしまうと、他の優良な保険加入者との公平性を確保できなくなるため、こうした決まりが設けられているのです。