実は任意保険に自動的についているアレコレ

任意保険に自動的についている保険の中でも目に付かない保険に無保険車傷害保険があります。この保険は名前のとおり、事故が起こったときに、相手の車が無保険車で賠償できないときに利用できる保険です。つまりこれがあれば、相手が無保険であってもあわてることなく安心していられることになります。そう考えると非常に重要な保険のように思いますが、実は利用できる条件があります。まず対人賠償のみで、しかも死亡や後遺症障害にしか使えないのです。つまり死亡事故や後遺症が残るような事故があり、賠償すべき加害者の車が、無保険車である場合にのみ利用することが出来るのです。また無保険車とは任意の対人賠償保険に入っていない場合や、条件外で利用できない場合、賠償額を待たすことが出来なくて保険の支払いが足りないときなどです。つまり治る怪我や物損の賠償には使えないのです。任意のほかに自賠責保険がありますので任意に入っていなくてもある程度は賠償されるものなのであまり目立たないものといえるでしょう。怪我や休業補償のためには搭乗者傷害保険や人身傷害保険などに入っておく必要がある。また物損には車両保険に入っておく必要があることになります。